6.13.2014

visit Harry Wirtz Elementary School again

カリフォルニア州コンプトンにある小学校HarryWirtzElementarySchoolに今年も行ってきました。 今回で三度目となる来校。
この学校はカリフォルニアでも所得の少ない人達の住むエリアに位置していて、いわゆるゲットーエリア。
子供達の親は片親だったり、日雇い労働者だったり、ホームレスだったり、ギャングのメンバー だったりと子供達はけっして恵まれているとはいえない状況で生活しています。
アメリカの教育は、基本となる英語と数学は義務教育でうけれるけれど、図工や音楽等の授業は親がお金を払わないと受ける事ができないらしいです。
もちろんHarryWirtzの子供達に図工や音楽の授業はありません。そんな状況に疑問を抱いたこの学校の教員Erik先生がSMartという企画を始めました。
Students make artの略でSMart. 先生の友達のアーティストに声をかけて月に一度アーティストからお題を出してもらい放課後に子供達が作品を作ります。また参加しているアーティストに校内に壁画を製作してもらいアートに触れられる環境も作っています。 自分も勉強がすごく出来るわけではなかったし、運動神経もなく、得意な教科といえば図工だけだったので、少しでも力になれればと数年まえからこのプロジェクトに参加させてもらっています。
今回は年に一度の作品発表会と壁画制作の為にWirtz小学校を訪れました。

今回の壁画製作は横30メートルの壁に7人のアーティストが家や建物を描き、そこにランダムに人や動物の絵を描きました。違った国や地域へ行き様々な人とのコミュニケーションをすることで起きる化学反応やミラクルを表現できたのではないかと思います。 貧困層の街から抜け出すのは大変かもしれないけど、子供達には夢をもって生活してもらいたいです。

iPhoneで撮った写真と動画をまとめてみました。音楽はTimKerr。 映像内のヒゲのひとで、80年代ハードコアパンクのパイオニアBigBoysのメンバーです。彼の授業は手作りの楽器製作。壁画の前で子供達と演奏は素晴らしかったです。

Harry wirtz 2014 from hanaiyusuke on Vimeo.

0 件のコメント: